株式会社PAAG
企業情報 特許情報 商品情報 開発情報 お客様サポート アウトレット品 リンク
ご存知ですか?
 
冬の隠れた危険、ヒートショック現象
冬の脱衣場やトイレで倒れる人が意外に多いのをご存知ですか?
「ヒートショック」とは、急激な温度変化が体に悪影響を及ぼすことで、特 に冬場に室温の変化によって血圧が急激に変動し、脈拍が早くなったりする ことがあります。暖房の効いた暖かい部屋から寒いトイレや脱衣場に移動し た際、体が「ブルブルッ」と震えたことはありませんか? その時、心臓には思った以上の負担がかかっています。高齢者や高血圧の人にとって、心筋梗塞や脳血管障害などにつながりかねない、とても危険なことなのです。
対策は『温度のバリアフリー化』
ヒートショックを起こしやすいのがトイレ・脱衣場等です。一般的に水回りは北側に設置することが多く冬になると日当たりの悪いトイレ・脱衣場が特に冷え込み、ほかの部屋との温度差が極端になる場合が多くあります。温められていた身体がその温度差によって「ヒートショック」を起こすのです。生活空間全体を温かくすることが最良の対策ですが、手軽にトイレと脱衣場を暖めることが特に効果的なのです。

※交通事故死亡数 2012年 6414人 厚生労働省 厚生統計要覧より 
※浴室内での急死・突然死事例の実態調査による全国での推計値、約14000名 
2001年 東京救急協会発行 入浴事故防止対策調査研究委員会調査報告書より
 
商品説明 商品一覧へ戻る